他の美容法との違いについて

培養皮ふ治療(肌の再生医療)と他の美容法との違いについてよくある質問をまとめました。

回答を見る↓

美容整形と言いますと異物を注入したり、メスを使った外科的手術が挙げられます。
Before afterの変化がとてもはっきりしており、効果も半永久的なものから数ヵ月で効果が無くなる治療もあります。ただし、大々的な手術は医師の技量や経験によって効果が左右され、失敗すると元に戻すことができないものがほとんどです。


培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、以前の状態に戻す方法です。
骨折した腕や足、虫歯を治療することと同じ要領で、加齢やストレスなどによって生じる肌の老化症状を根本的に改善させます。美容整形に比べてすぐさまはっきりとした効果が現れるわけではありませんが、失敗や副作用などの心配がなく、自然に数年前の自分の肌の状態に近づけることができます。どちらの場合でも、ご自身の理想に近いものを吟味し、しっかり医師とカウンセリング・相談をされた上でご決断されることをお勧めいたします。

回答を見る↓

注入用のヒアルロン酸やコラーゲンは、あなた以外の他の生物(細菌、鶏、牛、他人など)から作られたモノです。これらはあなたの体にとっては全て異物(あなたの体のものではないモノ)です。


異物は体内に入れても必ず排除されてしまいます。つまり、通常、注入後数ヵ月で分解・吸収されてしまいますので、効果を維持しようとすると繰り返して注入する必要があります。また、この排除しようとする反応が強すぎると、赤みやかゆみなどの炎症症状が出てしまうこともあります。

一方、培養皮ふ治療(肌の再生医療)ではあなた自身の線維芽細胞を移植(注入)します。そしてその移植した線維芽細胞から、あなた自身のヒアルロン酸やコラーゲンなどが作り出され、徐々にシワやたるみなどの肌の状態が改善されます。これらはすべてあなた自身(自己)の細胞ですので、短期間のうちに分解・吸収されることなく、長期に渡って存在し続けます。


さらに、注入の仕方や効果の出方が違いがあります。ヒアルロン酸注入やコラーゲン注入は、シワのくぼんだ所に注入し、局部的に皮膚を下から膨らませるようにして治療しますので、技術の高い医師が適格に注入をしないとでこぼこになることもあります。一方、培養皮ふ治療ではシワのあるあたり全体に広く、まんべんなく移植(注入)します。その後、線維芽細胞の働きによって肌全体に厚みとハリが出てきて、肌を根本的に改善します。

回答を見る↓

血小板療法(PRP療法)には、たくさんの療名がありますが、共通して言える特徴は、肌細胞(真皮線維芽細胞)を刺激し活性化させることを目的とする治療です。


それに対し当院の治療は、肌細胞を培養して移植し、細胞の数そのものを増やす治療法です。今ある肌細胞に無理をさせることなく、肌の機能の根本的な改善を目的としています。


ケガをしたとき、傷口にすこし黄みがかった透明な液体を見たことはございませんか?それが血小板です。


血小板は、真皮線維芽細胞に「働いて傷口をふさいで」と指示を出す役割があります。真皮線維芽細胞は、その指示にしたがって、コラーゲン線維やヒアルロン酸、エラスチンをつくりだします。


その特徴を利用した治療となります。
真皮線維芽細胞に、栄養ドリンクを与えるイメージです。
自身の血液を使いますので、安全でとても安全で良い治療法です。


しかし中には、血小板に、新たに成長因子を添加したものを目の下や前額、頬に注入し、しこりやコブができるという被害が多数報告されている側面もございます。


培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、紫外線や老化の影響で真皮繊維芽細胞が減少している、もしくは衰えている部位に、比較的紫外線のダメージの少ない、耳の裏の皮膚から真皮繊維芽細胞を取り出し、培養し細胞を増やしてから衰えている部位に移植する、という治療法です。
真皮繊維芽細胞そのものを増やすことが培養皮ふ治療の他の治療法には真似のできない特徴です。

回答を見る↓

レーザー治療には、「ポラリス」「ヤグレーザーピーリング」「イントラセル」「e-マトリックス」、

光治療には、「フォトフェイシャル」「フォトシルクプラス」「リッチダーム」「フルダーム」「タイタンXL」などがあります。


レーザーや光治療は、真皮線維芽細胞(働き手)を活性化させることで肌質改善を目的とする治療です。
※真皮線維芽細胞=肌のハリを保つために働いている細胞


培養皮ふ治療(肌の再生医療)は真皮線維芽細胞を増やす、つまり働き手を増やし、衰えた肌の老化症状を改善することを目的とする治療です。


この違いから、培養皮ふ治療(肌の再生医療)は今いる肌細胞に無理をさせることなく、疲れさせずに肌の機能の根本的な改善を目的としています。


全てのレーザー治療・光治療に共通して言えるのが『レーザー(光)で肌に刺激を与える』ことです。
レーザー(光)で刺激を与えるのは、真皮線維芽細胞。
真皮線維芽細胞は、刺激を与えられると「働け」という指示が出て動き出します。


レーザー治療・光治療は真皮線維芽細胞に働かせることで、肌にハリをもたらす治療となります。
またシミ・そばかすなどにも効果があると言われております。


培養皮ふ治療(肌の再生医療)との違いはと言いますと、先ほどご説明いたしました、レーザー(光)で刺激を与える真皮線維芽細胞、この細胞そのものを培養して増やし、老化の気になる部位に注入し、真皮の機能そのものを改善する治療となります。
ですので中には、培養皮ふ治療(肌の再生医療)で細胞の数を増やしてフォトフェイシャルも行っている方もおられます。


※フォトフェイシャルなどの治療はやり続けると効果がなくなってくる、
と感じられる方がいらっしゃいますが、それは細胞が働きすぎてしまい、反応が出来ないくらい疲れてしまったため、と考えられます。

その他のよくあるご質問

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック
このページの上へ