目の下のクマ(青クマ・黒クマ)を改善

あなたの『クマ』は『何クマ』?

目の下のクマは、大きく分けて3つのクマに分けられます。

【青クマ】
肌が薄くなることで出来るクマで、くまのまわりを押さえたり引っ張ったりすると、色が変化するクマです。

【黒(影)クマ】
肌のたるみによって影ができるクマで、上を向くと目立たなくなるのが黒クマです。

【茶クマ】
色素沈着によるクマなので、触ったり上を向いても変化のないクマです。

青クマ、黒クマ、影クマ、茶クマ

青クマ、黒クマ、茶クマは何が違う?

青クマが出来るのはなぜ?

目の下は他の部位よりも皮膚(真皮)が薄く、皮下組織の色素(ヘモグロビン『血の色の色素』やミオグロビン『筋肉の色の色素』)が透けて見えやすい部位です。年齢とともに、肌(真皮)の厚みを作り出す肌細胞(真皮線維芽細胞)が、衰え減少してしまうことで、若くハリのあった時のような十分な量の「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出せない為に、肌(真皮)が薄くなって青クマが目立つようになるのです。

黒クマ(影クマ)が出来るのはなぜ?

肌は「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」が減少するとハリがなくなり、皮膚を支えることができずに重力によってたるみ、出来た溝の影を黒クマと言います。

茶クマが出来るのはなぜ?

茶クマは、度重なる疲労によるクマや、目の下を擦ることでおこる色素沈着が主な原因です。

青クマ、黒クマは皮膚を厚くすることで改善できる。

青クマ、黒クマは、肌の厚みを取り戻すことで改善することが出来ます。肌の厚みを取り戻すには、真皮層を厚くするしかありません。美容整形で行われる「ヒアルロン酸」注入などは、直接「ヒアルロン酸」を肌に入れる事で厚みを回復させます。

しかし、私たちの身体は自己で生成された物以外を異物と認識し排除しようと働きます。その為、外部から注入した「ヒアルロン酸」は一定期間で排出されてしまうので、定期的に注入しなければ厚みを維持することが出来ません。培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出す肌細胞(真皮線維芽細胞)を移植することで、自然に肌の厚みを取り戻します。もちろん、自身の身体で作られた「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」なので、長期的に肌にとどまり肌の厚みを維持します。

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック
このページの上へ